今話題のHMBには、年齢制限があるのか気になりますよね。
子供や高齢者でも飲めるのか、適齢期はあるのかを調査しました。

HMBは男女問わず、筋肉をつけたい人やダイエットしたい人に人気の成分です。
特に最近では若い女性が筋肉女子を目指したりと、SNSなどでも何かと注目されています。
HMBのサプリメントを調べてみたところ、子供は飲んではいけないという記述は特に見当たりませんでした。
HMBは安全な成分であり、副作用の心配もほとんどありません。
ですから、10代後半の子供であれば、安心して飲むことができそうです。
ただしHMBのサプリは基本的に成人向けに販売されているので、用量には注意が必要です。
まだ発育途中のお子様なら、表記されている量の半分ほどにしておくのが無難でしょう。
またどんなサプリメントでも、妊娠中の服用には気をつけなければなりません。
HMBも念のため妊娠中はなるべく避けたほうが良さそうです。
加えて、子供の栄養や筋肉作りは食事と普段の運動に任せるのがベストと言えるので、小さなお子様への服用も同様に控えたほうが良さそうです。

一方、高齢者のHMB摂取はむしろ推奨されています。
なぜなら、HMBには老化による筋肉の衰えを防止する働きがあるからです。
歳をとり筋肉が弱まると、当然運動機能は低下します。
その結果、体力が落ちたり、病気や怪我につながったりとトラブルは増える一方です。
HMBには少しの運動量でも筋肉増加を促進させる働きがあるので、積極的に運動できない高齢者でも飲む価値はあります。
少しでも筋肉の老化を遅らせるためにも、HMBは有効と言えそうです。
またHMBには内臓機能に負担をかけるようなリスクは確認されていないので、ご安心ください。
人は40歳を過ぎると、だんだんと体力や筋力の衰えを感じ始めます。
そのため、最近ではジムに通う40代50代の中年男性も増えていますね。
筋肉は若さの象徴でもあるので、外見的にも内面的にもあるに越したことはありません。
筋肉量は筋肉がつきやすい20代30代頃から筋肉作りをしていたかどうかで、高齢になった時に差が出てきます。
ですからHMBを飲むなら、なるべく早いタイミングから継続することが望ましいです。

HMBは成長が止まった10代後半くらいから、高齢者まで幅広い年代の人が飲むことができます。
特に適齢期というのはありませんが、筋肉の発達がピークを迎える20代30代がもっとも効果を感じやすいでしょう。
またHMBは、妊娠中は医師に相談するのがベストですが、男女ともに副作用の心配は無く、安心して服用することができるサプリメントと言えます。