有効成分がギュッと凝縮されているサプリは、飲むタイミングがとにかく重要です。
HMBの効果をもっとも発揮できる、おすすめの飲み方とタイミングについてご紹介します。

基本的にHMBは、一般的な他のサプリ同様に筋トレ前に飲むのがおすすめです。
HMBは吸収力の高い成分なので、筋トレを始める10分から20分前に飲むのが良いでしょう。
筋トレ前に飲むことで HMBが持つ筋肉の分解抑制作用がトレーニング中に効率よく発揮されるのです。
また、筋トレ後の30分間は栄養の吸収率が通常時よりも高まるので、ゴールデンタイムとも呼ばれています。
この絶好の機会を逃すのは大変もったいないので、HMBは筋トレ後にも飲むのがベストです。
HMBは一度にたくさん飲むよりも、細かく分けて飲んだ方が、効果が得られやすいと言われています。
そのため1日の摂取量はトレーニング前と後で分けたほうが、より効率的というわけです。

HMBを飲むときに注意して欲しいのが摂取量です。
HMBは、たくさん飲めば効果が上がるというわけではありません。
むしろ、ある研究機関によると、過剰摂取は筋肉を減少させるため逆効果という結果も出ているそうです。
HMBをサプリで摂る場合は、1日3グラム以内に抑えるよう推奨されています。
ですから、1日数回分けて飲むようなら、3グラムを割って計算し、過剰摂取にならないように注意しましょう。
ただし、HMBはあくまでサプリメントなので、誤って3グラム以上摂取してしまっても慌てる必要はありません。
人体に影響が出るわけではないので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。
HMBを飲むときはジュースやカフェイン飲料は避けて、水にしましょう。
副作用が起こるというわけではありませんが、成分が変化したり効果が失われるのを避けるためにも、水が一番おすすめです。

また、筋トレは週に2、3日を目安に行うのが良いとされていますが、HMBは筋トレしない日も是非飲むようにしましょう。
なぜなら、HMBには筋肉を回復させる働きがあるからです。
そのため、筋肉痛が起こっている休息日にHMBを飲むことで、より早く筋肉痛を解消できるのです。
トレーニングなしの日は朝昼晩3回に分けてサプリを飲むのが良いでしょう。

HMBの効果を十分に受けるためには、正しい量をベストなタイミングで小分けにして飲むのがおすすめです。
トレーニングする日もしない日も関係なく、毎日続けて飲みましょう。